借金を積み重ねるのは本当に一瞬

本日は久々に会った高校時代の後輩に打ち明けられた借金の話。

ここから⇒現在3社で280万円ほどの借金があるんです。内訳は3社全て銀行のカードローンですが1行200万円、2行40万円×2といった具合です。

そもそものきっかけは給料日前にパチンコで所持金を全て使い切ってしまったところから始まりました。

口座にいくらか入っていないものかとコンビニのATMに行き、確認してみたところ残高は3桁。引き出すこともできないとガッカリしているとATMの画面に「カードローン」の文字が。

当時、このカードローンを押したことはなく、何ができるのかもイマイチ分かっていなかったのですが試しに押してみることにしました。

すると、そこには「借入可能残高」の文字があり、押してみると数十万円可能とのことでした。

給料日まで数日だし入ったら直ぐに返済すれば良いという軽い気持ちで借りてみることにしたのが全ての始まりでした。

一度目の返済は借りた当初通り、直近で入った給料で完済しました。しかし、別日にて再びパチンコでお金を使ってしまいました。

今回は所持金を残した状態ではあったものの、友人から遊びの誘いがきたことで手持ちじゃ心許ないので再度カードローンで遊ぶお金を借りました。

本来であれば、というよりまともな人間であれば所持金がなければ遊びの誘いを断るのだと思います。しかし、可愛い子が来るとのことで気持ちが上がり我慢できませんでした。

借り入れの金額が上がり、給料で返済するものの給料が少なくなってしまい、手持ちが少ないことに我慢ができず借りるということを繰り返していると、借り入れ金額がどんどん上がっていき月々の返済が金利のせいで少なくなっていき借金が減らなくなりました。

一気に返したいという気持ちから再びギャンブルに走って負けてしまうということを重ねていくとあっという間に1社は限度額に。

自分の給料と月々の最低返済金額を見て、「まだ返せる」という気持ちから別の銀行からも借りるようになります。

そしてまた1社、2社と限度額に達してしまい現在に至ります。

限度額に達してしまい借り入れができなくなってしまったのですが、クレジットカードで現金を作る方法を知ってしまったことで今度はクレジットカードの月々の支払いが異常な額になっています。

月々の支払いが20万円を超えることはしょっちゅうで、酷い月は30万円近くになることもあります。

月々の最低返済額で返済をしていったら一体いつ完済できるのか計算をしてみたら10年以上かかりそうでゾッとしました。借金がキレイになるまで10年以上もモヤモヤした気持ちを抱えながら生きていくのかと。

このままでは本気でヤバイと焦りはじめ、今では本業以外にも副業をするようになりなんとか完済までの期間を短くしようと努力しています。

とはいえ、会社にも家族にも内緒でなんとか借金返済できないものかと調べた所、債務整理とか任意整理とかいう方法もあることを知りました。(僕も調べてみました⇒家族に内緒で借金返済問題を解決する方法

なんとか、誰にも知られず返済できるかもしれません。副業もマジでやればなんとか収入も上げて行けそうだし、今がふんばりところだと気合いを入れています。←ここまで

彼は人一倍稼ぐ能力もありそうなので、以外と早く完済してしまうかもしれませんが、そういった慢心がこういった事態を招いた要因の一つかもしれません。

それにしてもカードローンは恐ろしい…。金欠で苦しくても絶対に手を出さない法がよさそうです。